強いマッサージの後遺症・愛知県

続くときは続く

今日のお客様

ずいぶん背骨が曲がっているな~

はぁっと!! と気づいた

設定を変えて身体を診ると 骨の傷 に反応

「強いマッサージ受けていませんか?」に
「月に2度、強い指圧を受けています、10年以上になります」



別の話
10年以上前、友達の治療師に頼まれ、ある老婆をみさて頂いた
背骨がグニャリと曲がっていた 信じられない捻じれでした

聞いていくと、亡くなったご主人さんがカイロプラクティックの偉い先生で
「主人が生きている頃は、良く実験台になっていた」という
「主人が生きていた頃は、楽にしてもらったのに」ともいう
その時感じたのは、矯正が関節にきつい作用を及ぼし
結果、背骨があり得ない位ネジ曲がっていったと

靭帯のゆるみ」現象で考えて診ると

ある原因で
「靭帯が緩み」→保護のために、筋肉が緊張 →交感神経異常 という段階を経る
筋肉が固いのを悪い、緩めなくては、と
関節を動かしたり、筋肉を揉んだり、引っ張ったりすると
(一般的には当たり前の 治療法だが)
一時的に筋肉が緩み、身体が楽になる

しかし、身体の中では、「靭帯の緩み」が解消されていないので
関節を動かされたり、筋肉を揉んだりされると、防御機能が働き、
交感神経緊張 → 筋肉が緊張 → 骨が過度に引っ張られ → 骨の変形 と進んでしまう
負のスパイラルにはまってしまう
揉めば揉むほど、関節矯正をすればするほど 後になり、筋肉はより固くなる
自律神経もどんどん緊張状態になり、中毒状態になる

この日最後の女性は「リウマチ」の痛みで酷く苦しんでいる
薬がどんどん増えて、強くなる、怖いです と

私「強いマッサージ受けてきませんでしたか?」に
彼女「強いなんてものでなく、かなり強く圧してもらわないと満足しない程のマッサージを昔から受けてきました」という
私「そうですか、やっぱり・・・・・・・・・・・」と

彼女「前回に靭帯の調整を初めて受けてからの爽快感が忘れられません」と

リウマチ の初めの原因は 「靭帯の緩み」からかもしれない

靭帯の緩む原因

: 出産
: 捻挫
: 事故
: 打撲
: 麻酔
: 手術


その日は 何人も
「結構、強めのマッサージを受けてきました」と言う人がいました


最初の女性、背骨の傷(小さな)を丁寧に診て行き、調整をかけると
背骨がかなり、まっすぐになり
「背中が軽くなりました」と


【花粉症・頭痛・めまい・肩こり・全部治ってしまって】
あれだけ好きだった、マッサージ器 が嫌になってしまった女性の話













当院のユーチューブ画像集です 
 ここをクリックすると  沢山の画像が見られます
ユーチューブ集の想像2






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ありがとう・ヒーリング整体

Author:ありがとう・ヒーリング整体
愛知県蒲郡市で整体,ヒーリング院を営んでいます
日々の施術に関する 感想 お伝えしたい事を日記として使わせていただきます
愛知ヒーリング研究所 と別名を付けました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR