スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の大発見から5か月すぎて

靭帯施術の5か月後

2015年6月15日
2:16

2月に「靭帯のゆるみ」を発見してから
5か月経って
本当に多くの方が、この現象に苦しんでいたんだと解りました

「捻挫してから」「麻酔をしてから」「出産後」「長期間の薬」「追突事故」「ストレス」
など 原因は様々です
過労からくるもの、電磁波(パソコン、スマホ)なども 軽いゆるみの原因になります

私のブログをみて、全国から問い合わせが来ました
「私の症状の経緯に凄く当てはまりますが・・・・」
そして
「どこにい行っても 良くならないのですが・・・・」
という声を頂き
実際、遠方からおいで頂くことも増えました

凄く喜んで頂いたケースも多いのですが

「靭帯が締まっても」、愁訴は変わらない という人達もいました


いつも 考えるのは
「この人は治るのに、どうしてこの人は治らないのか?」
同じような愁訴で同じように施術、靭帯の緩みは解消したのに何故?


もちろん、靭帯のゆるんでいた期間が長い、ゆるみがきつい
等で、何度か調整しなおす必要がある場合もあるのですが
それとは違う理由が解りました


靭帯が緩むと、自律神経が緊張し、筋肉の緊張、硬縮を招く
筋肉が固くなる 理由である靭帯のゆるみ
を解消してやれば、筋肉の緊張、硬縮は必要なくなる
「ここまでは 今までのブログ記事を参照ください」

自動的にそうなると思っていました
実際に それだけで良くなる方たちも大勢いました

所が
今までの、緊張状態が強く 脳に刻み込まれていて
脳の 防御反応が強すぎると 自動では解除されない

つまり
身体や脳に
もうそんなに、防御をしなくても良いんだ
原因(靭帯のゆるみ)はもう取り除いたのだから大丈夫
だということを 伝える事

強すぎる防御反応を解除させる信号を送ることが必要だった


それまでは 身体を守る必要であった 防御反応
その場所、システムは
*筋肉 *神経 *皮膚 *痛覚 *脂肪 *骨 *内臓 *肺(呼吸)
など 様々な場所に残る

「防御反応の消去」に気づいてから
またまた 奇跡的な事が起き始めた
そして、結果が早く出るようになりました



そして、中毒反応の解除
「アルコール」「ニコチン」「糖分」「痛み止め」「薬」「強い治療」
もしなければいけない事も解りました
長い間、痛みや疲労、緊張、ストレスを誤魔化すために
必要だった 中毒
この反応も治癒力を邪魔するものなのです


「世界一の整体師」を目指し 階段を着々と昇りつつあります
いや 目指すのは
「世界一喜んでもらう整体師」かな


あなたの悩みを解決できる可能性大

【靭帯のゆるみ】の重要性を解説 こちらで




 

お問合せ メールは、こちらからどうぞ








愛知県蒲郡市 ありがとう・ヒーリング整体院

当整体トラウマのページ

当整体と連絡が取りたい方


 

お問合せの メールは、こちらからどうぞ






当院のユーチューブ画像集です 
 ここをクリックすると  沢山の画像が見られます
ユーチューブ集の想像2












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ありがとう・ヒーリング整体

Author:ありがとう・ヒーリング整体
愛知県蒲郡市で整体,ヒーリング院を営んでいます
日々の施術に関する 感想 お伝えしたい事を日記として使わせていただきます
愛知ヒーリング研究所 と別名を付けました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。