愛知県の整体で何処に行っても治らない・・・・なら

靭帯が緩んでいる場合は、筋肉を緩めてはいけない

2015年8月30日
8:52

大阪から2回目の男性

1か月前に施術を受けて
「身体の左側の抜けるような感じは良くなりました」
「腰も随分良くなっていたんですが・・・・」
「すこし前に、大阪で緩める治療を受けてから、また腰が痛くなりました」

彼の場合、左側の靭帯が緩み、脊柱の4つの靭帯が緩んでいました

当院の施術は「緩んでいるものを、締める」という
通常の治療の逆を行くものです

彼の場合は一か月前に締めた靱帯のうち
左側の靱帯は、締まったままだったのだが
脊柱の4本のうち2本が緩んでしまっていました
「○○式マッサージ」での施術で緩んでしまったと考えられます

彼はセラピストを目指しているそうです
彼曰く
「僕みたいな場合は、身体を緩める治療を受けると調子が悪くなるんですね」
「これから、患者さんに対するのに、調子を悪くさせてしまう可能性もあると思うと
ぜひ、この靱帯の締める施術を覚えたいです」と


私も、全ての治療(緩める系)が間違っていると言っているわけではありません
「靭帯が緩んでいる人たちは 緩めてはいけない」ということで
靭帯が締まって安定してからは
今まで緊張してきた 筋肉、神経を 緩めて良いと思います

実際 当院でも
靱帯を締めていき、安定感が出てきたら
緩める方向にシフトします

緩めると言っても
やり方は独特な方法です
「揉んだり、引っ張ったり」はしません

身体の不調は 「緊張」 がもたらすと思います

「緊張」を 指でとる 手技が 8月中旬に完成しました





緩める治療は沢山あるけれど
締める施術はそうそうは無いと思います

8月は大阪から3人の方が来院されました
3人とも
いろいろな有名な治療法を受けてきたけれど
ダメだったという方たちです

3人とも「靱帯の緩み」に問題がありました
麻酔、事故、出産
ゆるむ原因はそれぞれですが・・・・

「初めての感覚です、変化にビックリしています」
という声を頂きました


全国や海外から
「この施術法を覚えたい」という声を沢山いただきます

人に教えるなんておこがましいと想ってきましたが

現在、どうお伝えできるか 考えています


あなたの悩みを解決できる可能性大

【靭帯のゆるみ】の重要性を解説 こちらで




 

お問合せ メールは、こちらからどうぞ








愛知県蒲郡市 ありがとう・ヒーリング整体院

当整体トラウマのページ

当整体と連絡が取りたい方


 

お問合せの メールは、こちらからどうぞ






当院のユーチューブ画像集です 
 ここをクリックすると  沢山の画像が見られます
ユーチューブ集の想像2




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ありがとう・ヒーリング整体

Author:ありがとう・ヒーリング整体
愛知県蒲郡市で整体,ヒーリング院を営んでいます
日々の施術に関する 感想 お伝えしたい事を日記として使わせていただきます
愛知ヒーリング研究所 と別名を付けました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR