スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全治1年かかると言われたのに 1回で

自律神経の過緊張を取り除いたら 全治1年が1回で

湯浅君 コピー - コピー


幸田町の中学野球少年のお父さん

「ほんとに不思議なんだけど 前回施術の次の日から 野球を全開にやっても痛くないというんです」



左腓骨付近の筋挫傷と診断され 全治1年くらいかかる と言われていた

酷い時は松葉づえ 

最初に来た時も ビッコを引いて入ってきた

TK接骨院(蒲郡で有名な)でも診て貰ったが 原因が解らない と言われたそう



とにかく 西洋医学的に 原因が解らないというものほど 

施術する私にとっては面白い


どこに行っても治らなかったのは 痛い場所 背骨、骨盤など骨格系

筋肉の緩解 ツボ などしか見ていないからなのだ


このケースは まさに 自律神経の過緊張が関係していた

事故(打撲)した時の 身体の防御反応としての 緊張(この瞬間には絶対に必要な物)

この緊張が 事故の後も 自律神経の一部に残ってしまっていたのだ

つまり踵の痛みは 自律神経の緊張から来ていた

脳の勘違いというか 潜在意識に入った 緊張というか

この緊張を取り除く方法は 他では出来ないのです



私が見つけた オリジナル手技です 


全治1年が 次の日には 全開でプレーできた

3週間たった今でも 大丈夫だという



そして お父さんが

「実は もう一つ驚くことがあって あの後から 明らかに机に向かう時間がグンと増えた」

と 坐骨の修正が驚くほど効いたみたいだ

うちの長男の話をしておいたので 興味を持って見ていたそうです

不思議でしょうがないと 首をひねっておられた

坐骨の左右どちらかが 緊張していると

座る事が 苦手になり  集中力が散漫になる


勉強させるより大事な事はここをクリックして見てね



このケースと同じで

松本N<strong>強調文</strong> - コピー (2)

ハリ、電気、接骨院の治療は無駄だった といっています

私の同級生の息子さん 岡崎JSクラブの選手

1月に右足外側の捻挫をしてから 度々 炎症を起こし腫れてしまうという

6か月この繰り返しをしている ふくらはぎもカチカチでいくら揉んでも治らないという

左右の足首の太さが全然違っていた

これは捻挫の前からの歪みが関係している 自律神経のトラブルが起きていた

一度施術して様子をみて また連れてくるという話だった

あれから1か月たっても来ないので 先日電話してみた


「あれから 調子よくなって 腫れる事も 痛みも無くなった、

また連れて行こうかなと思ってるけど 大丈夫みたいなので」と


6か月治らなかったものが 1回で

捻挫をした時の 自律神経の防御反応が関係していた

はり 電気 接骨院では 治せないはずです


自慢に聞こえるかもしれないけれど

こういうケースで苦しんでいる子達が多いと思う


同じスポーツ選手の子供を持つ親としては悲しいです



そして今の私なら その苦しみから抜け出る事のお手伝いができるかもしれません

もし悩んでいるなら 一度受けてみてください

本当にいいと思います(自分で言うな!)

チョッと神がかり的な事が続いています



蒲郡の整体

もう整体院という名前は合わないかもしれません 愛知ヒーリング研究所 という方が実情に合っています
ヒーリングも整体も療法受けられるので 大変お得です ジオパシックストレスにも対応します



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ありがとう・ヒーリング整体

Author:ありがとう・ヒーリング整体
愛知県蒲郡市で整体,ヒーリング院を営んでいます
日々の施術に関する 感想 お伝えしたい事を日記として使わせていただきます
愛知ヒーリング研究所 と別名を付けました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。